自宅で介護する場合に必要な準備と設備

<介護>をする必要がある場所は、生活環境全てと言えますが
実際には、ほとんどの舞台が「自宅」であると言えます。

介護をする人が、仕事等の都合によって家を開けなならない場合には
「デイサービス」といった施設や、生活すべてをお任せする「老人ホーム」といった
専門の施設に「預ける」といったことも行われますが、
一般的にはほとんどが、いわゆる「在宅介護」と呼ばれるものであるはずです。

在宅介護に<必要なもの>に関しては
「お金」と「時間(時間)」という、現実的なものに加えて
それらを使って、実際に介護を行うための「設備」といったものも必要になります。

あらゆる事態が考えられる

この「設備」の設置に関する問題は、<被介護者>
どの程度の介護が必要になるのか、ということに大きく影響を受けます。

「歩くのが困難」という状態と、「全く歩くことができない」という状態は
大きく異なるものであり、それぞれに相応しいものが必要になります。

これには「共通」している設備、「その状態に適切な設備」の両方があり
「歩行」という問題に関して考えただけでも

  • 支えがあれば歩ける
  • 少しだけなら歩ける
  • つらいがある程度は歩き続けることができる
  • 自分の力ではどうにもならない

様々なケースを想定することができます。

また、歩行の前段階である「立ち上がる」という過程に関しても
<道具>があれば可能であるのか否かは、大きな違いがあると言えます。

このように、1つの要素を<プロセス別>に分けただけでも
非常に多くの状況が想定され、介護に関わる問題は歩行という要素だけではありません。

在宅介護に必要な要素

人どれぞれ、準備すべき内容は異なるものの
一般的に準備する必要があるものとしては

  • <自力>の飲食をしやすくするもの
  • 「吸い飲み」等の<飲ませる>ために必要なもの
  • その他「専用食器」
  • オムツ
  • 体拭き

といった「生理・清潔面」に必要な<小さなもの>ものから

  • スロープ(手すり)
  • 専用ベッド(自動起き上がり機能付き)
  • 専用バス(手すり・緊急用ボタン付きお風呂)

といった「体の駆動」に関わるものがあり
これらは、<お金がかかるもの>であることも多いです。

また「スロープ」といった、いわゆる「バリアフリー」と呼ばれる
要介護者が生活しやすい、また介護をする人にとっても
<介護がしやすい>環境を作るものでもあります。

このバリアフリー化は、「改築工事」が必要な場合も多く
当然、費用がかかるものでもあります。

もちろん「現実的な備え」も必要

上記の「歩行」に関する要素で言えば
「車いす」といったものが<あると便利>と言えます。

これは、ある程度自力で歩ける方であっても
「突然立てなくなってしまう」と状況も考えられます。

更に「いずれは、自力歩行が困難になる」ことも、否定できないことになります。

このように「あればあった方がいい」というものは
介護のための準備をするにあたって、頻繁に考えられるものであり
こういった要素には、「お金の余裕」といったものが大きく関わるものになります。

介護に必要なものとは、最初のうちは「杖」だけで済んだいたものが
やがては生活全般の内容に広がっていき、更に内容が深くなっていくものです。

  • 食事
  • 排泄
  • 移動

それぞれに、それぞれの必要要素があり
その段階によって、更に必要なものが増えていくになります。

基本的にはその「要介護度の深さ」によって
費用も高くなる傾向があり、進行状況を見守りつつ
必要な「蓄え」を、現実的に考えていく必要があります。